ネットを活用したシステム

お金とスマホ

お金の管理のネットの時代

近年世界中で注目されている新たなキーワードとしてフィンテックがあり、多くの雑誌で取り上げられる程高い注目を集めています。インターネットやクラウドサービスへの注目がひと段落し、今や多くの企業がネットを活用したビジネスから社内のシステム導入が進んだ中、このフィンテックが注目される様になりました。ファイナンスとテクノロジーを結びつけるキーワードであり、企業にとってはファイナンスや経理の部署で多く活用される様になりました。そして日々パソコンでの処理作業や入力作業が多い経理の部署では、このフィンテックを活用する事で、仕事をより効率化し、そして業務を大幅に削減出来る可能性を秘めています。例えば経理業務の中で社員の給与計算から、給与支給まで手掛けている場合、このフィンテックの導入により、紙ベースの給与支給ではなく社員がいつでもネットで給与を閲覧出来るシステムを導入する事が可能です。大手企業を中心にすでに導入が進んでおり、何千人規模の企業の場合、何千枚もの紙の削減に繋がり、かつ社員が過去の給与を遡って調べる事が出来るメリットもあります。そして同じシステムを使って、社員の昇給や給与変更の際には紙を使わず社員に連絡が可能となったり、社内の給与データベースを連携する事で、何度も給与額を入力する手間を省く事も可能となります。社員の業務をより削減するためにフィンテックの導入を検討し、今度さらに新たなサービスが登場する可能性もあるでしょう。